横浜の葬儀事情


人が亡くなると、最近では個葬や家族葬といって、家族や、生活を共にしていた人など、近しい身内だけで送る人も増えています。 しかし、故人と生前縁があったすべての人に偲んでもらうには、伝統的なお通夜や葬儀は有効です。 お通夜や葬儀では、普段顔を合わせない人が故人の縁を通じて再会するなど、期せずして、故人から縁があった人への恩返しや、会葬へのお礼になることも少なくありません。 個葬や家族葬は、身内が故人を偲ぶために行う葬儀なら、伝統的なお通夜や葬儀は、遺族が、故人に成り代わって、縁のある人に集まってもらう儀式ともいうことができます。 横浜は、東京からの距離も近く、通勤の人も多いため、東京の勤め先や取引先など、お仕事上の関係者も改装がしやすい立地です。この距離的な事情によって、葬儀よりも、連絡を受けて、通夜に参じてくれる人が多い傾向があります。 葬儀は通夜の翌日の日中に行いますが、通夜は、平日の6時以降に執り行うことが多く、仕事帰りに寄ってくれる会葬者も多いので、ご会葬御礼の品物や、会葬者に召し上がっていただく食事の席、飲み物が不足しないように気を配ると安心です。 当日、葬祭事業者は、責任者である喪主に様々な打ち合わせ、相談をしてきますが、喪主は会葬者への挨拶なども忙しいので、近い親族や、信頼できる知人に、葬祭事業者との対応や打ち合わせを任せ、事業者にも責任者を明確にしておくと、喪主は挨拶に集中することができます。