横浜での葬儀の注意点

横浜で葬儀を行う、または参列するに当たって、注意点があります。葬儀の多くは急なものですので、日ごろから気を付けておくことが大切です。
最大の注意点は二つ、一つ目は直送すなわち葬儀をせずに直接火葬する方が非常に多い点です。東京では四割、つまり十件の内四件はお葬式をせずに火葬場へ行くのです。横浜もこれに迫る勢いで直送の割合が増えてきています。葬祭場を借りたり、またはご自宅で、ごく身内だけで無宗教のお別れの会をし、火葬場へというのです。
二つ目は、火葬場が足りないということです。これは横浜に限らず、日本の大都市圏では殆どの所が当てはまることです。日本では殆どが火葬ですが、現在葬儀業者は火葬場の不足に頭を抱えています。葬儀は行ったけれど火葬場の空きを待って更に数日ご遺体を安置しておく、というのは決して大げさなことではなく、現在大都市では日常のこととなっています。火葬場は過密スケジュールですので、御遺族であっても火葬場に入れる人数も制限されていますから、近しい間柄であっても骨を拾えないことを念頭に置いて参列して下さい。
その事情を知らないまま、不幸の知らせを聞いて駆けつけてみたら葬式はしない、火葬場への同行は遠慮してくださいと言われて御遺族と参列された方の間でトラブルになる、ということはよくあるのです。そういった事情を念頭に置いて、直送は決して珍しいことではないことや、御遺族は火葬を待つ間のご遺体の保存に掛かる費用が掛かってしまうことも頭に入れておいて下さい。大都市圏での葬儀事情は、昔とは大きく変わってきています。